加熱調理して代謝をアップ!

玉ねぎというと、血液サラサラ効果を反射的に思い浮かべる人も多いと思いますが、脂肪の燃焼を促進する効果もあります。

玉ねぎを切っていると、鼻がツーンと刺激されて涙が出てきます。

これは、玉ねぎにイソアリインという刺激成分が含まれているためです。

イソアリインは、血中の糖や脂質を減らして血液をサラサラにするほか、脂肪の燃焼を促進して肥満を改善します。

また、ビタミンB1と結びついて糖の代謝を活発にし、乳酸や疲労物質の蓄積を防ぎ、疲労の回復を進めます。

玉ねぎに特有の成分としては、ポリフェノールの一種であるケルセチンが挙げられます。

この成分は脂質と結合する作用があるため、腸内の余分な脂肪と結びつき、便と一緒に排せつしてくれます。

また、強力な抗酸化作用もあり、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防します。

玉ねぎはサラダなどで生でも食べられますが、肥満改善のためには加熱調理がおすすめです。

イソアリインを加熱するとスコルジニンという成分が生成され、これが代謝と活発にして、脂肪の分解を促すよう働くからです。

日常的に玉ねぎを食べることが難しい場合は、玉ねぎの成分をベースにしたサプリメントを摂取するのも効果的です。

>>> ハウス・タマネギの力の詳細・購入はこちら(公式サイト)