青魚でEPA・DHAを摂取!血液をサラサラにする効果も!

内臓脂肪を減らす食事法で注目したいのが、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)です。

ともに、体内で合成できない多価不飽和脂肪酸の一種で、青魚の脂肪に豊富に含まれています。

EPA・DHAには、脂肪合成酵素の働きを抑制する効果があり、それによって肝臓で中性脂肪が合成されるのが抑えられ、内臓脂肪のつきにくくなります。

また、中性脂肪の多い超低比重リポタンパク(VLDL)の合成も抑制されるため、脂質の血中濃度が高くなる高脂血症を予防・改善することができます。

さらに、血圧を下げる、血栓を予防する、抗炎症作用でアレルギー症状を改善する、ストレスを緩和する、神経機能を高めてうつ病や認知症を防ぐなどの効果もあります。

メタボリックシンドロームを予防するためには、EPAやDHAを男性で1日3g以上、女性で2g以上摂取することが推奨されています。

サバ、サンマ、アジといった青魚を中心に、主菜を「魚、魚、肉」と2対1の割合で食べるようにするのが理想的です。

サプリメントで摂取する場合は、摂取目安量を守るようにします。

>>> 小林製薬のDHA・EPAの詳細はこちら








【参考記事】
ついてしまった内臓脂肪を減らしたい場合は、ラクトフェリンを摂取することも効果的です。
ライオン・ラクトフェリン※効果・最安値は初回半額【楽天・Amazon】