内臓脂肪は皮下脂肪よりも危険だと言われている!

お試しに最適!最安値は初回限定半額キャンペーン!

>>> ライオン・ラクトフェリンの初回半額キャンペーンはこちら

ライオン・ラクトフェリン購入

どうして内臓脂肪は危険なのか?

新聞の折り込みチラシとかでも、ライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」をよく見かけますね。

折り込みチラシ

そこに登場するのが、内臓脂肪です。

私たちの身体の脂肪は大きく内臓脂肪と皮下脂肪に分けられますが、

書籍なんかを読むと、内臓脂肪は皮下脂肪よりも危険だということが書かれています。

そもそも内臓脂肪はどうして危険なのでしょうか。

内臓脂肪

皮下脂肪と内臓脂肪のうち、とくに内臓脂肪が危険と言われるのは、アディポサイトカインの存在です。

アディポサイトカインは、脂肪細胞から分泌される物質で、代謝に関わる生理活性機能を持っています。

この物質は、脂肪細胞の代謝が低調な皮下脂肪ではなく、代謝が活発な内臓脂肪でおもに分泌され、血管を通して全身に運ばれ、脂質代謝や糖代謝、血圧などに影響を与え、複合的に症状を悪化させるのです。

簡単に言うと、内臓脂肪が多い状態は、糖尿病、高血圧、動脈硬化などの疾患を招きやすいということなのです。

ですから、内臓脂肪が多いとわかったら、早めに減らす対策をすることが大事であると言えます。

内臓脂肪の量は、内臓脂肪レベルという数値で把握することができます。

もし自分の内臓脂肪レベルがわからない場合は、内臓脂肪レベルも計測できる体重計を購入して、いつでも把握できるようにしておきましょう(数千円で購入できます)。

>>> ライオン・ラクトフェリンの初回半額キャンペーンはこちら

ライオン・ラクトフェリンの効果:内臓脂肪が減るのか?

ライオン・ラクトフェリン通常サイズ

ライオンのラクトフェリンは、内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMI改善に役立つサプリメントです(機能性表示食品)。

最大の特徴は、きちんと腸まで届くように特殊コーティングを採用しているということです。

胃酸や消化酵素によって途中で分解されることなく腸まで届くため、内臓脂肪に直接働きかけることができるというわけです。

内臓脂肪に働きかけ、腸管まわりの細胞脂肪をコントロールし、「脂肪分解の促進」と「脂肪の合成抑制」のダブル効果で内臓脂肪の低減をサポートしてくれます。

この効果は、比較試験を行ったデータに基づいています。

比較試験データ
※表中の「プラセボ」とは、有効成分を含まない錠剤で、被験者に本物か偽物か区別がつかないようにしたものです。
※データの詳細については販売ページをご覧ください。

私もライオン・ラクトフェリンを飲み始めました!

私も40代半ばになって、内臓脂肪に関してはかなり気にしていました。

内臓脂肪レベルを計ってみると「9」で、これは40代男性の平均値でした。

【男性の平均値】
20代 内臓脂肪レベル6
30代 内臓脂肪レベル8
40代 内臓脂肪レベル9
50代 内臓脂肪レベル10
60代 内臓脂肪レベル12

【女性の平均】
20代 内臓脂肪レベル3
30代 内臓脂肪レベル4
40代 内臓脂肪レベル5
50代 内臓脂肪レベル7
60代 内臓脂肪レベル6.5

自分では見た目が太っていないので、もっと若い年代の数値が出ると期待していましたが、内臓脂肪はある意味正直ですね。

でもちょっとショックでした。

そこで、私もライオンのラクトフェリンを飲み始めることにしました。

1日3粒

1日3粒が目安なので、毎食時に1粒ずつ飲むことも考えましたが、面倒なので朝食後にまとめて3粒飲みました。

そして、せっかく取り組むなら早く効果を実感したいと思い、運動をほぼ毎日実践しました。

運動といっても20分ほど歩くくらいです。

通勤に車を使っていると歩く機会はほとんどないので、帰宅したらすぐに家の周りを歩くようにしました。

その結果、2ヵ月後に内臓脂肪レベルがどうなったかというと、

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab5

なんと「5」まで落ちたのです(日によっては「4」というときもあります)。

内臓脂肪だけなら10~20代と言っていいかもしれません。

落ちたのは内臓脂肪レベルだけではありません。

体重も2ヵ月で3キロ落ちました。

ラクトフェリンだけ、または運動だけでこうなったかはわかりませんが、とにかく結果が出たことに満足しています。

今後はこの数値を維持できるように継続していくつもりです。

>>> ライオン・ラクトフェリンの初回半額キャンペーンはこちら

ライオン・ラクトフェリンを最安値で買えるのはどこ?

ライオン「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」は継続して摂取することで効果を実感できるものなので、できるだけ安く購入できるところを利用したいものです。

そこで、楽天市場、Amazon(アマゾン)、Yahoo!(ヤフー)ショッピングでの最安値・取り扱い状況を調べてみました。

R 【楽天市場】ライオン・ラクトフェリン 最安値

検索した時点では、6,372円からとなっていました。

a 【Amazon】ライオン・ラクトフェリン 価格一覧

検索した時点では、4,360円からとなっていました。

Y! 【ヤフーショッピング】ライオン・ラクトフェリン 最安値

検索した時点では、6,170円からとなっていました。

これに対して、ライオンの公式サイトではこのようになっています。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e9%80%9a%e5%b8%b8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ライオンの公式サイトでラクトフェリンを初めて購入する場合は、通常価格の半額2,980円で購入できるのです(税込3,218円・送料無料)。

初めて購入する方はこのキャンペーンを利用しない理由がありません。

ほかにも毎月10%OFFで購入できる定期コースもありますが、まずは半額で1ヵ月だけ試してみて、少しでも効果を実感できたら、あらためて定期コースを利用するのがよいと思います。

>>> ライオン・ラクトフェリンの初回半額キャンペーンはこちら

ライオン・ラクトフェリンの店頭販売:ドラッグストアで買える?

マツモトキヨシ

サプリメントを買うときは、マツモトキヨシなどのドラッグストアをよく利用します。

もしライオン・ラクトフェリンを近所のドラッグストアや薬局などの店舗で買えるとしたら、なくなったときにすぐに買えるというメリットがあります。

もちろん自分で買いに行くわけだから、送料もかかりません。

だから、ドラッグストアに行くたびに、ライオン・ラクトフェリンが販売されていないかいつも探していたのです。

しかし、私が見た限りでは、ライオン・ラクトフェリンを販売している店舗はありませんでした。

もちろん、日本全国にある店舗を見たわけではないので「絶対売ってない」とは言えませんが、少なくともライオンの公式サイトなら確実に購入することができます。

しかも、先ほど説明したとおり、公式サイトなら、楽天市場やAmazonよりも安く購入できます。

>>> ライオン・ラクトフェリンの初回半額キャンペーンはこちら