月別アーカイブ: 2015年3月

取材を断る権利

今日の河北新報にチュニジア博物館テロで負傷した結城法子さんの手記が掲載されていました。

現地で突然テロにあってからの様子がきわめて冷静に書かれていると思いました。

その中でひとつ気になった部分がありました。

マスコミの取材のあり方です。

彼女は負傷して治療を受けたばかりにもかかわらずマスコミの取材攻勢にあっていたのです。

朝日新聞の記者も彼女に取材をしようとやってきました。

彼女の身を案じた日本大使館の職員が病室の外で取材を拒否しようとしたところ、「あなたに取材を拒否する権利はない」と怒鳴っていたようです。

それが病室の中にいる結城さんの耳にも入っていたわけですが、彼女はそれまで嫌でも取材に応じるのが義務だと思っていたみたいで、日本大使館の職員が彼女を守ろうとしてくれたことがうれしかったということです。

たしかに本人以外の人物が取材を断る権利はありませんが、こういう状況で取材を強行しようという姿勢はどうかと思います。

実際に彼女が朝日新聞の取材に応じたかどうかは手記からはわかりません。

この手記を読んでの私の率直な感想としては、「また朝日か」という感じです。

結城さんの今回の手記が朝日新聞に掲載されたかどうかはわかりません。

CIMG8691