月別アーカイブ: 2015年5月

長男がポケモンカードジムに挑戦

小2の長男が今ポケモンにはまっています。

つい数ヶ月前までは妖怪ウォッチでしたが、なぜかポケモンに方向転換したのです。

妖怪ウォッチの製作にあたってポケモンの要素も含まれていることは有名な話ですが、本家の方が面白いと思ったのかもしれません。

ポケモンにもいろんな遊び方がありますが、長男が今やっているのがカードゲームです。

でもやり方がよくわからないということで、ポケモンセンタートウホク(仙台)に行って遊び方を教えてもらいました。

CIMG9009

だいたいわかったようで、すぐに翌日の「ポケモンカードジム」という対戦できるイベントに参加したいと言いました。

一応そこに集まるのは中・上級者ということです。

前日に覚えたばかりの超初心者でありながら挑戦したいという心意気に感動し、またポケモンセンターに連れて行きました。

1回目の対戦は緊張している様子でしたが、回を重ねるごとに楽しめるようになっていった感じです。

しかし、結果は6回対戦して6連敗。

今のままだとカードが弱いらしくいくつかカードを買い足しました。

妖怪ウォッチのようにいつかは飽きてやめると思いますが、しばらくはいろいろと研究することでしょう。

その気になったらまた連れて行きます。

CIMG9007

仙台市選管の票水増しで3人が懲戒免職

昨日の報道にありましたが、仙台市青葉区選管の票水増し問題で、直接関与したり、事態の隠蔽を図ったりした当時の区選管職員3人が懲戒免職処分になりました。

私の率直な感想を言うと「重いな」です。

たしか嘘の忌引休暇を取得し続けていた職員も懲戒免職になったのも仙台市だったと思いますが、このときも「重いな」と感じました。

忌引休暇の件は直接的には市役所内部の話で、それで市民に何か影響があったかというと何もなかったはずです。

だから懲戒免職は重すぎると思ったのです。

退職金は支給されたもののたしかかなり減額されたと記憶しています。

今回は市民に何か影響があったかというと、あったようななかったようなちょっとわからない事案です。

ただ票の水増しがあってもなくても結果に影響しなかったなら懲戒処分は重いのかなと思います。

そして今回の3人には退職金は支給されません。

退職金は給与の後払い的な側面もあるので、退職金の不支給はある意味これまでの勤務をすべて否定するような感じもあります。

とにかく仙台市は市民に直接迷惑がかからなくても職員の不正には厳罰で対処するということでしょう。

職員の方たちには懲戒免職や退職金不支給といったことがないように、職務を全うしてほしいと思います。

CIMG8949

ヨーグルトとか乳酸菌に期待すること

私は普段の生活の中でヨーグルトを食べたり、乳酸菌関連のものを食べたりすることはありません。

便秘に困るということがほとんどないからです。

という感じで、私のヨーグルトや乳酸菌の効果に関する知識は、せいぜいお腹の調子を整えるとか便秘の解消というものしかありません。

でも乳酸菌ひとつをとってもいろんな種類があるみたいです。

乳酸菌といえば明治も有名なメーカーのひとつですが、ブルガリアとかLG21とかR-1とか、スーパーに行ってもいろんな乳酸菌のタイプを見ることができます。

最近ではMG2809乳酸菌なるものも発表したようです。

明治乳酸菌MG28※口コミ・効果・最安値価格【楽天・Amazon】

ほんとは開発の段階でこういう症状に効果があるというデータを得ていると思いますが、医薬品ではないのでその効果をストレートに表現できないもどかしさがあると思います。

それでも乳酸菌には免疫力の向上や花粉症にも効果があるといった噂が絶えません。

さて、大型連休の間に岩手の小岩井農場に行ってきました。

小岩井農場を体感するといえば、ヨーグルトを飲むこともそのひとつです。

ここで飲むヨーグルトにはべつに何も期待していません。

ただのイベントのひとつです。

CIMG8120

今季のベガルタ仙台は残留争いで

連休最終日にあったベガルタ仙台のFC東京戦の記事が今日の新聞(河北新報)に出ていました。

もちろん結果は6日のうちに知っていたのですが、あらためて読むと今季のベガルタ仙台というチームがどういうチームなのかわかりました。

まず昨シーズンと大きくメンバーが替わり、チーム全体が若返りました。

シーズン開幕当初はどれくらいの実力なのかまったくわからず、それでも負けない試合が続いていたので「もしかして」と淡い期待を抱きました。

ところがここ最近は5連敗と勝ち点が9から止まったままです。

それではっきりしました。

今季は残留をかけた戦いが続くと。

若い選手が多いだけに経験を積みながら同時に結果も残さなければいけないのですが、結果の部分になるとそう甘くはないですね。

日本代表の試合にしか興味がない人からすると、ベガルタ仙台の選手は無名の選手ばかりです。

つまり、そういう実力のない選手たちの集合体なのです。

無名の選手たちというとベガルタ仙台は以前からそうでした。

昨シーズン終わりに多くのベテラン選手がチームを去りましたが、移籍先のチームで先発で出場している選手がどれだけいるでしょうか。

それでもここまでJ1でやってこれたのは戦術が良かったからだと思います。

まあここで長々とぼやいてもしょうがないです。

残留争いという覚悟を持ってしっかりとシーズン終わりまで見守っていきたいと思います。

CIMG8821