カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

ベガルタ仙台が天皇杯初戦で事件レベルの大敗

仙台のスポーツファンにとっては昨日は1年の間でも最悪な1日となりました。

まず楽天イーグルスですが、1-7でソフトバンクに敗れました。

前カードの日本ハム戦に連勝して3位ロッテと6.5ゲーム差までなったときは「もしかしたら」と一瞬だけ希望の光が見えたようでした。

しかし、その後に昨日の敗戦も含めて3連敗、ロッテとは9ゲーム差まで一気に広がりました。

しかもホームランを量産していたアマダー選手もわき腹の負傷で登録抹消となってしまいました。

もうCS進出の話は恥ずかしくてできないのが現実です。

それでも3年連続の最下位は免れることができはずなので、あとはしっかりと4位固めをしてもらいたいです。

DSCN0352

次にベガルタ仙台です。

昨日はユアテックスタジアム仙台でリーグ戦ではなく天皇杯の試合がありました。

J3のグルージャ盛岡と対戦しましたが、2-5で敗れました。

サッカーはこういうことが起きるというのはわかっています。

しかし、相手に守りを固められて0-1で敗れたのなら事故というレベルですが、5点も取られたら事故を通り越して事件レベルの話です。

しかもほぼベストメンバーで臨んだにもかかわらず。

おそらく完全に格下の相手なので、リーグ戦と違ってケガをしないように7割くらいの力でプレーをしていたのだと思います。

それでも勝てればいいのですが、負けたということは自分たちの実力をまだ把握できないということです。

「これでリーグ戦に集中できる」と割り切るにはあまりに不甲斐ない結果です。

このチームはリーグ戦でもまだまだ上位を目指せるチームでないことがわかりました。

DSCN0354

私事で恐縮ですが、リゾゲインのような育毛剤をやめて、ミノキシジル+フィンペシアの飲み薬で育毛に取り組み始めました。

副作用で何があっても3ヶ月は絶対に続けます。

楽天・則本のストレートとか

週刊誌のフライデーを立ち読みしていたら、楽天・則本投手の記事がありました。

やはりストレートですね。

日本ハム・中田選手のコメントもありましたが、狙っていてもなかなか打てないようです。

さて、昨日のオリックス戦ですが、則本投手はいきなり3点を失いました。

味方のミスも絡んでの失点で雰囲気も悪くなっていように思えます。

しかし、解説の元楽天の鉄平・永井両氏は、則本投手の調子はいいと言っていました。

ボールは走っているし、しっかりとコントロールされていると。

それが3失点後にきちんと現れました。

ストレートでの三振がいくつもありました。

これがわかっていても打てないストレートなのかもしれません。

でも週刊誌のコメントで、則本投手は松井祐樹投手のストレートの方が上だと言っています。

松井投手のストレートに比べたら70点くらいだと。

その松井投手は9回に登板し、オリックスの3番・4番・5番をすべて空振りの三振に仕留めました。

これなんだろうね。

どうか楽天にこの2人に続く投手が現れてくることを願っています。

CIMG9924

ベガルタ仙台、ホーム開幕戦を飾れず

J1開幕戦の横浜FM戦を勝利で飾り最高のスタートを切ったベガルタ仙台ですが、ホーム開幕戦のFC東京戦は1-2で敗れました。

携帯電話の小さな画面で中継を見ていました。

やはりFC東京は強いと思いました。

昨季4位のチームだけのことはあります。

仙台はいっぱいいっぱいでしたね。

仙台についてはあれこれ批判しても始まりません。

戦力的に上位を目指せるチームではありませんから。

現実を受け入れ、しぶとくJ1残留を決める。

これが最大の目標です。

勝ち点は40あれば残留できると思います。

あと37の勝ち点が必要です。

そのためには守備をもっと鍛えるべきです。

勝てそうになかったら引き分けを狙えます。

でもそんなことをやっていたら引き分けどころか連敗をしてしまうのも現実です。

難しいですよね。

それでもやはり守備です。

そして攻撃のときは一気に攻め上がる。

うまくいけばいいですね。

今季は誰がチームの中心になるのでしょうか。

最近のベガルタ仙台はそういうチームの顔とも言うべき選手が不在のような気がします。

今季は誰か大爆発の活躍をしてほしいです。

CIMG9572

ソフトバンクの日本シリーズ進出が決まってよかった

仙台に住んでいるということで、プロ野球は楽天イーグルスを応援しています。

今年のプロ野球は2つの意味で面白くありませんでした。

1つ目は、楽天イーグルスが弱すぎたことです。

新監督も決まったことだし、もう今シーズンを振り返るつもりはありません。

2つ目は、ソフトバンクが強すぎたことです。

優勝争いなんてありませんでした。

たしかに補強をいくらでもできるという台所事情もありますが、生え抜きの選手も多いのであまり文句は言えないです。

さて、昨日のCSファイナルステージ第3戦でソフトバンクが勝利し、日本シリーズ進出を決めました。

3位から勝ち上がって勢いのあるはずでしたが、ロッテは1勝もできませんでした。

ソフトバンクはやはり強すぎます。

でも結果としては良かったと思います。

私の本音は、CSはやってもいい、だけどリーグ優勝したチームが日本シリーズに行くべきというものです。

システムとしては3位のチームが日本シリーズに進出する可能性があるのですが、本当にそうなるとやはり気分が悪いです。

今までの143試合は何だったのかということになります。

かといってCSを根本的に否定するつもりはありません。

なきゃないでまた「消化試合」という言葉をまた聞くようになるからです。

とりあえず、ソフトバンクの日本シリーズ進出が決まってよかったです。

CIMG0330

ベガルタ仙台が勝てない

ファーストステージを7位で終えたベガルタ仙台ですが、その勢いでセカンドステージも勝ち点を積み重ねてくれると思っていたら大ブレーキです。

昨日のホームでの柏戦も0-1で敗れ、セカンドステージはまだ未勝利です。

セカンドステージはここまで4戦して3敗1分の勝ち点1で、18位の最下位です。

年間順位も13位まで順位を下げ、またJ2降格圏が気になる位置になってきました。

でも焦ってはいけないですね。

若い選手が多いチームですから、経験不足なところが多い発展途上のチームなのです。

うまくいかないときもあります。

でもそれは勝つために必要なことなのです。

今は苦しいときかもしれませんが、ファーストステージでV字回復したように、また快進撃を見せてほしいと思います。

今シーズンはとにかくJ1残留が目標だと思っています。

最後の最後まで見守っていきたいです。

CIMG9700

あと、ベガルタ仙台レディースの方がいいですね。

今日は浦和戦に3-2で勝利して3位をキープしました。

日テレとINAC神戸に勝利することができたら、悲願の優勝が見えるはずです。

楽天イーグルス、借金が今季最大の8に

今シーズン新たにオープンしたコボスタ宮城の入口のところにある楽天イーグルスのグッズショップです。

ここに選手のパネルがあります。

CIMG9545

左から、銀次、藤田、則本、嶋、松井(稼)、岡島です。

開幕時に主力として活躍を期待されていた選手たちです。

しかし、現在試合に出ているのは、則本と松井(稼)の2選手だけです。

あとはケガと不調で1軍から離脱しています。

この状態で勝ちを期待しても無理です。

そりゃあ期待はしますけど、主力がきちんとそろっているチームと戦って勝てるほどプロの世界は甘くないです。

昨日の西武ライオンズ戦も9回に同点に追いつくのがやっとでした。

最後はライオンズの主力・中村選手に3ランホームランを打たれて敗れました。

たしか交流戦後に貯金が最大2まで増えたと記憶しています。

でも昨日の敗戦で借金は今季最大の8にまでなりました。

いい方向に行くのには時間がかかりますが、悪い方向に行くのはあっという間です。

人生と同じです。

最下位のオリックスの息遣いが聞こえてきました。

CIMG9546

今季のベガルタ仙台は残留争いで

連休最終日にあったベガルタ仙台のFC東京戦の記事が今日の新聞(河北新報)に出ていました。

もちろん結果は6日のうちに知っていたのですが、あらためて読むと今季のベガルタ仙台というチームがどういうチームなのかわかりました。

まず昨シーズンと大きくメンバーが替わり、チーム全体が若返りました。

シーズン開幕当初はどれくらいの実力なのかまったくわからず、それでも負けない試合が続いていたので「もしかして」と淡い期待を抱きました。

ところがここ最近は5連敗と勝ち点が9から止まったままです。

それではっきりしました。

今季は残留をかけた戦いが続くと。

若い選手が多いだけに経験を積みながら同時に結果も残さなければいけないのですが、結果の部分になるとそう甘くはないですね。

日本代表の試合にしか興味がない人からすると、ベガルタ仙台の選手は無名の選手ばかりです。

つまり、そういう実力のない選手たちの集合体なのです。

無名の選手たちというとベガルタ仙台は以前からそうでした。

昨シーズン終わりに多くのベテラン選手がチームを去りましたが、移籍先のチームで先発で出場している選手がどれだけいるでしょうか。

それでもここまでJ1でやってこれたのは戦術が良かったからだと思います。

まあここで長々とぼやいてもしょうがないです。

残留争いという覚悟を持ってしっかりとシーズン終わりまで見守っていきたいと思います。

CIMG8821

楽天イーグルス4連勝、日本ハムの背中が見えてきた

楽天イーグルスは昨日の試合も制し(9-3)、ソフトバンク4連戦は4連勝と最高の結果に終わりました。

そして3位の日本ハムが敗れたため、ゲーム差は4.5となりました。

100メートルくらい先を走っている背中が見えたという位置でしょうか。

残り試合は楽天が9試合、日本ハムが7試合です。

楽天が全部勝って並べるかという感じです。

依然として厳しい数字であることには変わりありません。

最終的にどんな結果で終わろうと、ここにきて来季に向けて明るい材料が多くなったことは間違いありません。

何よりも若い選手が多いことがいいです。

昨日は23歳の西田選手が6打点の大活躍でした。

結果が出れば成長に弾みがつきます。

藤田選手もバッティングでまだまだ伸びしろがあると思われるので、黄金の二遊間を築いてほしいです。

今日は18時からコボスタ宮城で西武ライオンズとの試合があります。

9月の絶好調と残り試合の少なさからチケットは完売のはずです。

今日も勝利を届けてほしいです。

ベガルタ仙台、天皇杯初戦敗退にサポーター怒怒怒

長男が最近サッカーの試合を見てみたいと言っていたので、近いうちにと思っていました。

昨日は天皇杯の試合をユアテックスタジアムでやるというので、行ってもいいかなと思いましたが、とにかく暑いし、4時から習い事もあるのでスルーしました。

どうせ行くならベガルタ仙台が勝つ試合を見せたいし、天皇杯の初戦なら間違いなく勝てるだろうとも思っていたのです。

でも結果的には行かなくてよかったです。

まさか奈良クラブというチームに負けるとは。

新聞記事を見たらJFLのさらに下の関西リーグに所属しているチームではありませんか。

もちろんサッカーではこういうこともあるというのはわかっていますが、J1のチームがこういう負け方をするのは絶対にダメです。

サポーターが怒るのは当然です。

でも勝ち越しのゴールを決めた奈良クラブの選手は、かつて仙台に所属していた岡山選手です。

今でも顔が浮かびます。

岡山選手にしてみれば「してやったり」でしょうね。

とにかく仙台はもうリーグ戦しか残っていません。

W杯による中断前に順位だけではJ2降格圏から脱出したというだけで安心してしまったわけではないでしょうね。

ここからの戦い方によってはサポーターはもっと怒っていいと思います。

bjリーグ、外国人選手のこと

bjリーグ・仙台89ERSは昨日が最終戦でした。

が、敗れてしまいました。

仙台はbjリーグの東北のチームで一番最初に発足したチームですが、今や岩手、秋田ははるか上の位置、今季参入したばかりの青森も仙台の上にいます。

正直なところ私はバスケットボールのことがよくわかりません。

あくまでも印象の話ですが、チームにいる外国人選手によってそのチームの力が決まってしまう側面があると思います。

今日の河北新報の記事の写真を見ても、ゴール下の攻防で写っているのは外国人選手ばかりです。

どこの国の試合かと思うほどです。

だからといって外国人選手を減らせと言いたいわけではありません。

サッカーのJリーグだって発足当初は外国人選手の活躍が目立っていました。

鹿島にいたアルシンド選手なんかはいまだに名前を覚えています。

でも今は日本人選手でもすごい選手はすごいです。

もはや外国人選手枠について議論は起きません。

野球もそうですね。

共通しているのは海外に出て行く日本人選手がいるかどうか。

そういう状況になったとき「外国人選手うんぬん」という話は出なくなるのかなと思います。

だから現在のbjリーグは日本人選手がレベルアップするための過渡期にあると言ってよいのかもしれません。

世界的な競技でない大相撲、外国人力士ばかりの大相撲は、そういう意味では完全な衰退期ですが。