短期間で体温の上昇を実感した口コミが多数!

定期コースはいつでも解約OK!初回分を半額(50%OFF)で購入できます!

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

葉酸摂取と同時に、血糖値の上昇を抑える!

関西鉄工株式会社の「ベジママ(VEGEMAMA)」は、母子健康手帳でも妊娠前から摂取することを推奨されている「葉酸」はもちろん、抗酸化作用が高く亜鉛・カリウム・マンガンなどの豊富なミネラルを含んでいる「ルイボス」を配合した妊活サプリメントです。

最大の特徴は、機能性野菜「アイスプラント」に含まれる「ピニトール」という成分を配合していることです。

妊活サプリメントでピニトールを配合しているものは多くはありませんが、ピニトールは妊活において重要な働きをすることがわかっています。

妊娠の障害となるものに、妊娠糖尿病や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)がありますが、どちらも血糖値が高い状態が続くことでなりやすい病気です。

これに対して、ピニトールは植物性インスリンとも呼ばれ、血糖値の上昇を抑えてくれることから、これらの病気の予防・改善が期待できるというわけです。

海外では妊活でピニトールを摂取することが一般的になっているようです。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

私もベジママを1年ほど飲んでいました!

私も2人目の妊活時から1年ほどベジママを飲んでいました。

そして無事に次男を妊娠・出産することができました。

しかし、ストレートにベジママの効果のおかげですとは断言できない部分もあります。

多嚢胞性卵巣症候群や妊娠糖尿病の症状のある方がベジママを飲んで無事に妊娠・出産まで行ったのなら効果があると自信をもって言えるでしょうが、私の場合はそういう症状がなかったからです。

ただ、年齢的なことで不安が大きかったにもかかわらず、順調すぎるくらい出産までたどり着けたのは、やはりベジママを継続していた効果が大きかったのかとも思えます。

しかし、それよりも大事なのは、妊娠・出産に関する不安をひとつでも少なくすることだと今では思っています。

妊娠や出産は普通にしていても不安が増えていくものです。

不安が少なく穏やかに出産まで過ごせているほうが、胎児の成長にいいに決まっています。

そういう意味では、ベジママは飲んでおいて良かったと今でも思っています。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

ベジママの口コミ・効果:アットコスメの評価は?

私はベジママにとても満足していますが、ほかに使っている人たちの評価はどうでしょうか。

アットコスメ(@cosme)で口コミを見てみました。

しかし、残念ながら、アットコスメでは口コミの投稿が1件もありませんでした。

そこでいろいろと探して見つけたのが、「モニプラ」という口コミサイトです。

ここにベジママのレビューがたくさん投稿されていました。

モニプラでは、全体的にかなり評価が高くなっています。

まず、数は少ないですが、評価の悪い口コミをいくつかご紹介します。

匂い、味が好みではありませんでした...
「粒は小粒で緑色。匂い、味がしてあまり好みではありませんでした。リピートはしないです。 」

苦すっぱい...
「とにかくマズい。味は苦すっぱい。私は味がついてるものと一緒じゃないと飲めませんでした。」


次に、評価の良い口コミをいくつかご紹介します。

体温が上がったのを実感!
「飲み続けるうちに夜中でも体が冷たくならず、体温が上がったのを実感できました。また、手足がポカポカしてきて、生姜紅茶を飲まなくても冷えを感じなくなりました。早くママになりたいです。」

便通が良くなってます!
「小粒なので、飲みやすいです。すぐに出た効果が、一つ。便通が良くなってます。だるかった体が何だか改善されてる気もします。体が整えられている気がしますね。」

顔色が良くなった!
「抜群に飲みやすい小粒で気に入りました!一日に飲む量が4粒と多めだけど、続けやすい小粒タイプは嬉しいですね!以前より血色が良くなり顔色が良くなったのが嬉しい!」

まず、評価が悪かった口コミのほとんどが、味と匂いに関するものでした。

かなり独特の味と匂いがしますが、これは原材料のアイスプラントのものです。

アイスプラントを食べたことがないとびっくりするかもしれませんね。

普通のスーパーではほとんど売っていない野菜ですが、私は三越の地下食品売り場で2回ほど買って食べたことがあります。

私は大好きな味でしたが、ダメな人はダメかもしれませんね。

評価が良かった口コミで多かったのは、体温が上がった、冷えを感じなくなってきたというものです。

妊活では基礎体温の上昇が大事ですが、ベジママを飲むことで早い段階で効果を実感している人が多いです。

これはピニトールの効果であると思われます。

ピニトールには血糖値の上昇を抑えてくれる効果がありますが、血糖値が低いと体温が高くなることがわかっているのです。

逆に、血糖値が高いと、体温もなかなか上がらないのです。

これは、糖尿病の人に低体温の人が多いことからもわかっています。

ですから、冷え性の女性にはとくにベジママが効果的である言えると思います。

公式サイトにもベジママを使った人の口コミ、実感した効果について掲載されていますので、参考にしてみてください。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

ベジママの最安値比較:どこで購入するのがいいの?

ベジママを安く購入するならどこの通販サイトを利用するのがよいのでしょうか。

まず、多くの人が利用している楽天市場、アマゾンの価格です。

リンク先のページで、各通販サイトでの現在の最安値や取り扱い状況を確認することができます。

R 【楽天市場】ベジママ

検索した時点では、取り扱いがありませんでした。

a 【Amazon】ベジママ

検索した時点では、取り扱いがありませんでした。

次に、公式サイトの価格を見てみます。

公式サイトでは、通常価格が5,500円となっていますが(税別)、さらに安い「定期妊活応援プラン」という定期購入コースがあります。

この定期コースを利用すると、初回お届け分を半額(50%OFF)の2,750円で購入できます(税込2,970円・送料無料)。

初めて購入するのにいきなり定期コースというのはハードルが高いかもしれませんが、葉酸系のサプリは継続して飲むことが大事なので、ほとんどの人が定期コースから始めています。

もし飲んでみてイメージと違うと思ったり、何の効果を実感できそうでなかったら、電話1本でいつでも解約できます(1回で解約してもOKです)。

【定期コースの解約方法】
定期コースを解約するには、次回発送日の2営業日前までに電話で連絡することになります。
フリーダイヤル:0120-149-035(平日9:00~17:00まで ※12:00~12:50を除く)

解約だけでなく、返金や商品に関する様々な問い合わせもすべてこの電話番号で受け付けています。

また、2回目以降のお届け分も15%OFFの4,680円で購入できます(税込5,054円・送料無料)。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

返金保証があるから安心して始められる!

ベジママを飲んでみても、人によっては気分が悪くなったり、何の効果も実感できない場合もあるかと思います。

そういう場合のために、ベジママには購入代金の全額返金保証があります。

返金の対象となるのは、定期コースの初回分についてです。

つまり、定期コースの初回分を飲んでみて、何かしらの理由で満足できなかった場合は、申請すると初回分の購入代金を返金してもらうことができます。

この返金保証は無期限となっています。

つまり、購入から「30日以内」というような期限がなく、いつでも返金してもらうことができるのです。

でも、あまり先延ばしにすると、忘れてしまったり、面倒に思えてきてしまうので、早いうちにやっておくことをおすすめします。

さらに、返金についてはほとんどの通販会社が振込手数料を差し引いた対応をしていますが、ベジママの場合はそういうことはありません。

返金にかかる振込手数料も会社が負担してくれるのです。

ですから、ほとんどリスクなく定期コースを始められると思います。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

ベジママの店頭販売:ドラッグストア・薬局で買える?

普段の買い物で、ツルハドラッグなどのドラッグストアをよく利用します。

もしベジママを近所のドラッグストアや薬局などの店舗で買えるとしたら、なくなったときにすぐに買えるというメリットがあります。

もちろん自分で買いに行くわけだから、送料もかかりませんね。

そこで、いくつかのドラッグストアに行って、ベジママが販売されていないか探してみました。

しかし、店員に聞いたり、私が見た限りでは、ベジママを販売している店舗はありませんでした。

ベジママの公式サイトを見ると、その理由がわかりました。

ベジママは関西鉄工株式会社が自ら製造し、小売店を一切通さずに、ネット通販だけで販売しているのです。

そうであれば、先ほども説明しましたが、

公式サイトの「定期妊活応援プラン」という定期コースを利用すると、初回お届け分を半額(50%OFF)の2,750円で購入できます(税込2,970円・送料無料)。

しかも、いつでも解約はOKで、無期限の返金保証もあります。

他の通販サイトと比較してもこれがもっともお得で安心できます。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

ベジママの効果的な飲み方:1日4粒の継続が大事!

ベジママの飲み方は簡単です。

1日4粒を目安に、水などと一緒に飲むだけです。

粒は小さいので、一度に4粒飲む場合でも、私は苦労したことがありません。

ほかにも飲み方について、いくつかまとめてみました。

どれくらい継続して飲めばよいですか?

サプリメントなので、長く続けてこそ効果的です。

医薬品と違って副作用がない代わりに、継続することで、ゆるやかに効果を期待できます。

一日の中で、いつ飲めばいいですか?

医薬品とは違って、食前・食後というような決まりはありません。

毎日忘れずに飲めるときに、欠かさず飲むことが大事です。

他のサプリと併用しても大丈夫ですか?

ベジママそのものには、摂りすぎて体の害になる成分は配合されていません。

しかし、同じ成分が配合されたサプリを二重に飲む必要はないので、飲む前に成分をきちんと確認しておいたほうがいいです。

不妊治療薬と併用しても大丈夫ですか?

ベジママは栄養補助食品なので、基本的に問題ありません。

ただし、クロミッドのような排卵誘発剤を服用している場合は注意が必要です。

クロミッドは排卵障害による不妊に対して、排卵を誘発させるための薬です。

この点、ベジママに含まれるピニトールには、排卵が起こりにくくなる疾患である多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があると言われています。

そうすると、クロミッドもベジママも同時に排卵を促すことになり、過剰に排卵が起きてしまうことも考えられます。

ですから、クロミッドのような排卵誘発薬を使っている場合は、ベジママを摂取してよいか、かかりつけの医師に配合成分を伝えて相談するのがよいと思います。

生理中でも飲んで大丈夫ですか?

ベジママは、卵の健康を考えたサプリです。

正しい生理を迎えるためにも、むしろ忘れずに飲むことをおすすめします。

男性がベジママを飲んでも大丈夫ですか?

男性が葉酸を摂取をすることで、染色体異常のリスクが軽減されるということが言われています。

つまり、健康な精子を作るのに役立つということです。

健康な精子が多くなると、それだけ受精する確率が高くなることにつながります。

不妊の原因の半分は男性の側にもあると言われているので、パートナーと一緒に積極的にベジママを摂取したほうがいいと言えます。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

ところで基礎体温を測っていますか?そのメリットとは?

ベジママを飲み始めて「基礎体温が上がってきた」という効果を実感する人が多いです。

基礎体温は、体が熟睡しているときの体温のことですが、眠っているときに体温を測ることはできないので、朝起きてすぐ、体を動かさないうちに測定します。

基礎体温を測っておくことで、妊娠しやすい時期をだいたい把握することができるようになります。

【低温期】
卵巣からエストロゲン分泌量が増加している期間は低体温になります。月経から2週間程度続きます。

【排卵】
低温期から高温期に変わる境目で排卵は起こります。一度大きく体温が下がった後の急上昇の間で排卵があると考えられます。

【高温期】
プロゲステロンの分泌により、体温は高温に保たれます。妊娠しなければ約2週間後、月経とともに低体温に戻りますが、妊娠していれば高温期は妊娠14週目まで続きます。

冷え性の女性に多いのが、低温期と高温期がはっきりせず、排卵の時期を把握しにくいということです。

基礎体温表をつけてみて、排卵の時期がよくわからない場合は、ベジママを活用して基礎体温を正常な状態に近づけてみるのがよいと思います。

>>> ベジママの初回半額:公式サイトはこちら

葉酸サプリ「ベジママ」


【原材料・成分】
ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12
※マカ、たんぽぽエキスは含まれておりません。
【販売会社】
関西鉄工株式会社
【会社所在地】
〒660-0834 兵庫県尼崎市北初島町56番地